自然療法 2

昨日行った自然療法の先生の食事についてのアドバイスから・・・
(数値は、私の身長と体重にあったグラム数です)

1.食事にたんぱく質が少なすぎるとの指摘
  一日少なくとも45gのたんぱく質を取ってくださいとのこと

2.とり方としては、朝ごはん8g 9時ごろのスナック2~4g 昼ごはん15g 夜ごはん15g
  このように、1日3~4回に分けて摂取すること

身体を飢餓状態にしないように食事をすることで
低血糖症の症状を緩和するとのこと

私はよくランチ後に、睡魔に襲われるときがあります。

これは、低血糖症の症状のひとつで、血糖値が下がっているときに
ごはんを食べることで、急激に血糖値を上げてしまい
その後、身体が眠くなるとのこと。。。

対策としては、午前中おやつとして、
フルーツやナッツを食べ、ランチ前に
血糖値を緩やかに上げると、
その後クラッシュがこないとのこと


そのほか、ビタミンB12の欠乏があるようで、
一日の目安として、1000mcg/per dayぐらいの摂取を勧められました。

欠乏症状としては、疲れ、集中力低下、肩こりなど、一般的になんとなく疲れているような感じです。
ここ数週間感じていた状況と同じです。

臀部にB12の注射もできるよと勧められましたが、お断りしました。(笑)
まずはサプリで、調整してみます。

あと食品のアレルギーをチックしてくれました。

アレルギーのある食品は、
(自分でも知っていましたが・・・)
ミルクと乳製品

知らなかったのは、
ピーナッツとピーナッツバターです。

ほかアレルギーはあまりないようです。

最後に、ここ最近のちょっと度がすぎる
甘いものの過食は、歯の治療のときに服用した薬
抗生物質かもしれないということでした。

消化器内のバランスを崩しているようです。

抗生物質によって、よい菌まで殺してしまって
体内にイーストが発生して
砂糖を欲しがっている可能性があるようです。

自分の頭が欲しがっていると思っていても
身体が欲しがっているということがあるとのこと・・・

先生は、腸内環境を整えるために、
プロバイオティックスを勧めていました。

本日オーガニックの製品があるか、調べてきます。

今回のAPOは、自分の身体を知るということで
とってもためになりました。

アドバイス頂いた様に、すこし食事の取り方を調整してみます。

with love

PS 
2週間ほど飲み続けた、朝コーヒー、
久々に、昨日スキップしたところ
コーヒー中毒症状の頭痛で、大変なことになりました。
今後、どのようにしてコーヒーと付き合っていくのか
ちゃんと考えないといけないです。(笑)

Comments

Private comment

Profile

Pure Bliss

Author:Pure Bliss
the Living Light Culinary Art Institute certified Instructor

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村