ベジタリアン アスリート(スポーツ選手)

ここカナダで、「最近ローフードを中心に食事をしています」と
お話しすると、「なにそれ?スシ?」とか言われちゃいます。

まぁ〜日本人だから、先入観があるのかもしれませんが、
まだまだローフードは、なじみがありません。

しかしながら、ベジタリアン、ビーガンというのは
もうすっかりおなじみになっていて、
街にあるレストランのメニューには、ビーガン、
ベジタリアンとかよく書かれてあったりするんですね。

でも意外と知られていないのが、
ビーガン、ベジタリアンのスポーツ選手です。

陸上選手のカール・ルイス(オリンピックメダリスト)は、ビーガン、
テニスのナヴラチロア選手もベジタリアンだったとか

ちなみにカール・ルイスさんは、
1990年にビーガンになり
1991年に、彼の選手人生でベストな記録をだしたということでした。

この他、有名な世界選手レベルのトライアスロンの選手や
ボディービルダーもいるとのこと。。。
すばらしいですね。

今までスタミナや筋肉を付けるには、肉(動物性タンパク質)が、
必要と思いこんでいましたが。。。固定観念だったということですね。

今日もたくさんのみどりの野菜を頂きます!

with love

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

Comments

Private comment

No title

初めまして!!あずき250と申します!!
いつも素敵なレシピ楽しく見させてもらってます♪
さて、今回のベジタリアンアスリートって言葉に
ついついコメしてます。
日頃から運動量の多いスポーツ選手などのベジタリアンって
どうなんだろってちょっと心配していました、特にローフード
はそう言う人にとってどう作用していくのかなって。
ダイエットの為のベジとはまた違うベジの摂取方法など
あるのでしょうかね??
でも、世界的に有名なスポーツ選手がベジタリアンなんて
素敵ですね!!励みになりますね。
また遊びに来ますね〜!!

コメントありがとうございます。

あずき250さん

コメントありがとうございます。

カール・ルイスさんのインタビューに面白いコメントが
「自分としては、スポーツ選手として成功する為に、たんぱく質を肉からとる必要はないと感じている。
事実、年間自己ベスト記録は、ビーガンになって一年目です。ビーガン食事法を続けることで、体重制限をしている・・・」 

そうなると、じゃぁ~、オリンピックでメダルを取るような筋肉を形成するのに
どこからたんぱく質を取っているのか?ってことですが。。。。

私は栄養士ではないので、あまり知識がありませんが、
色んなところで目にする記事には、
やはり緑の葉っぱや、穀物、種、豆類から摂取しているようです。

・・・となると、体重を落とすダイエットのベジと、ビーガンアスリートの食事は、
基本的におなじものを食べていると思います。

だだその量に違いがあるのでは?!と思います。

(こちらでは、お医者さんで、ビーガン、ベジタリアン トレーナーという方々がいらっしゃるようです)

私は、ローフードの勉強をするまで、みどりの葉っぱ(ケールやレタス)、
ニンジン、カリフラワー、ズキーニーにアミノ酸が含まれていると知りませんでした。

でもちゃんとたんぱく質は、ビーガンの食事でも、摂取できるということですね。

個人的には、野菜、穀物、種、豆類をローで頂くのが
栄養素を身体に取り込むいい方法だと思っています。

まぁ~色々な考えはあるようですが。。。

長文でごめんなさい。回答になっていますか?

No title

お返事ありがとうございます!!
なるほど〜
ベジを食べる量に違いがあるのかもですね。
しかも、カナダだとベジでトレーナーでお医者さんなんて
頼もしい先生がいるんですね。
ベジタリアンアスリートの食事ってとっても興味あります。
またカナダで情報ゲット出来たら是非、教えて下さい!!

どうもありがとうございましたぁ〜。

Profile

Pure Bliss

Author:Pure Bliss
the Living Light Culinary Art Institute certified Instructor

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村